髪は女の命

髪は女の命

髪は年齢に関係なく、女性にとって命です。
それなのに、シャンプーのたびに抜け毛が多いような気がしていたのです。
「秋だから?髪が長いから多く感じるのかな?」

 

と自分をごまかしていたのですが、美容院に行くと長年のつきあいの美容師さんから「どうしたの?髪がパサパサだし、すっかりやせちゃってるじゃない!」と言われたのです。

 

「気のせいじゃなかったんだ…」その時私は自分が薄毛になってしまっていることを思い知らされたのです。

 

美容師さんの話では「ストレスによるものではないか?」ということでした。

 

元々、私は髪には自信がありました。
艶もあって、さらさらで、友達からも「髪きれいだよね。
ロングが似合う!」と言われていたので、こんなことになるなんて…。

 

衝撃を受けている私に美容師さんが、「大丈夫よ!がんばって育毛していこう!」と教えてくれました。
「育毛」ってどうすればいいの?
これまでまったく気にしていなかったので、知識がありませんでした。

 

まずは「ストレス」を溜めず、髪の心配事はすぐに相談すること。
自分の頭髪の状況を正確に知ることで、余計な心配をせず、不要なストレスを持たなくて済むし、自分が日常生活でストレスをもっているということを認識するだけでも違うのだと教えてくれました。

 

後は、シャンプーブラシを使って丁寧にシャンプーし、汚れを落とし、そこに、育毛剤を使っていくことで、効果が期待できるといわれました。

 

あれから3カ月。
髪は短くして、手入れを続けてきた結果、艶がなく、パサついてやせていた髪は、元気になってきました。

 

やはり、手をかけてあげれば応えてくれるのですね。

 

気づいてよかった!